Menu

高齢化により需要が高まる介護施設

新卒の看護師のほとんどは、就職先として病院を選びます。臨床経験を多く身に付けることができるという理由からですが、病院以外にも看護師が活躍できる職場は何種類もあります。

保健所や健診センター、または企業の医務室などに勤務する看護師は、夜勤がなく土日も休みであることが多いため、ライフワークバランスを考えると魅力に感じる人も多いです。

ツアー旅行やスポーツイベントなどで求められる看護師は、参加者の健康管理や、緊急時の応急処置をする仕事です。登録制の単発の仕事であることがほとんどなので、育児や介護などで常勤しにくいライフステージにいる場合には、都合に合わせた働き方ができます。

他にも、治験コーディネーターとして看護師の資格を活かし働く人もいます。

病院ではない看護師の職場として最もニーズがあるのが、介護施設です。
高齢化により、訪問看護や老人ホーム、またはデイケア施設などを利用する高齢者が増え、年々看護師の需要が高まっています。
病院ではないため、入居者の暮らしをサポートするという意識で働くことが求められます。日常的な医療行為や応急処置などが主な業務ですが、医療機関に連絡するよう指示をしたり、介護職員に指導したり、入居者の服薬を指導するなどの責任があります。

パート勤務や社員勤務、夜勤専従など、働き方を選べることが多いため、ライフスタイルに合わせて働き方を変えることができるという魅力があり、人気も高まっています。
看護師手当が出るなど待遇も良いようです。
今後も高齢化が進むため、より求人が増えると考えられています。