Menu

広がる看護師の活躍の場

看護師の職場の代表的なものは、やはり病院やクリニックといったところになります。
看護師は医師の診療の補助を行うことや患者の日常生活援助を行うことが主な仕事です。そのため病院やクリニックというところは、この二つの役割を果たす主なところとなります。

では、看護師としてほかに活躍できる職場はあるのでしょうか。
実際は病院やクリニックだけではなく、最近では独立した健診センターなどで補助をする看護師も多いです。健診センターや透析センター、血液センターといった種類の職場では日勤帯の仕事が主なので、子育て中の看護師や非常勤看護師にも人気の職場です。

また介護施設でも看護師の活躍が目覚ましいです。介護施設というと介護士やヘルパーが勤務するというイメージが強いですが、医療的な処置やリーダー的な判断をする役割として、看護師が必要とされています。

それ以外の職場としては、保育所や幼稚園、学校といったところにも看護師の活躍する場が広がっています。医療的なケアが必要な子供たちもいることから、看護師が求められています。

企業でも看護師が活躍しています。
特に大きな企業になると、職員全体の健康管理や労災、また健康相談といったことを管理する人も必要となります。そこで看護師が企業の相談室などで勤務し、職員全体の健康管理などを行っているのです。

このように看護師の活躍の場というのは1つだけではなく、どんどん広がってきています。