Menu

進む仕事の多様化

看護師と言えば、病院やクリニックなどの医療施設で働く姿を連想する人が多いかもしれません。しかし、施設の多様化や1施設内での仕事の多様化が進み、看護師の職場の選択肢は増えてきています。

近年増加傾向にある職場の種類が、介護施設です。
介護施設では介護職員の人手不足が頻繁に取り沙汰されますが、看護師も同様です。
介護施設の代表的な施設は有料老人ホーム、高齢者向け住宅、グループホームで、看護師は入居者の看病や健康管理などを行います。
また、利用者の家まで出向き、健康管理や栄養指導、ターミナルケアなどを行う訪問看護もあります。

そのほか、看護師は保育園や保健センターなどでも活躍中です。保育園の仕事は園児の健康及び体調管理で、保健センターの仕事は予防接種や保健指導などによる地元住民の健康のサポートです。

また、中には治験コーディネーターとして働く看護師もいます。
治験コーディネーターになるのに看護師の資格が必要なわけではありませんが、医療系の知識があると喜ばれます。特に看護師は患者とのコミュニケーション能力に長けている点での評価が高いです。

ほかに看護師に人気がある職場の1つが、医務室看護師です。
学校の保健室や、企業や公的施設の医務室などに勤めることになります。業務内容はその職場によって異なりますが、残業がないのが人気の大きな理由です。

単発で働く職場では、旅行添乗やイベントなどが挙げられます。

このように看護師と一言で言っても、自分が希望する勤務時間や日数、業務内容は様々な職場から選べます。